アート

2017年9月 8日 (金)

Vision   -Way maker-  2

わたしの中に与えられた

アートセラピーへの想い

それを少しずつあたためていた

でも

とにかく忙しい

その忙しさの中

アートセラピーの学びの場はないものかと調べたり

図書館で本を借りたりした

とっても良い本があって

そこで行われているアートセラピーの内容は

とても深いものだった

でも

その先生のことを調べてみると

う~ん

やはりこういうことをされてると

カリスマチックというか

そういう方向に行ってしまわれるのか、、、(^^;)

わたしはやはり

自分自身がそうであるように

神様のアイデンティティーに帰っていくことで

心のダメージや

心の奥のからまった感情が解きほぐされていくような

そういう体験をしてきた

それの後押しを

アートセラピーでしてあげられるような

そんな方法はないのだろうか、と思った

聖書の神様の土台にたっているものを学びたいと思った

そこで思い浮かんだ学校があった

昔出版社でデザイナーをしていた時に

そこの広告を取り扱ったりしたこともある

研究所だ

でも東京にある

ちょっと調べてみたけど

やっぱり東京

通信もあるみたいだけど

美術だよ?

実技の世界なのに

通信ってなあ、、

と思い

とまってた

でも今年のはじめの頃

友達にそのことを話してみた

そしたら

「通信やってみたら?」と一言

そうだな

通信でも

とにもかくにも初めてみたらいいのかもしれない

そして

資料請求をしたり

問合せたりし始めた

するとすると

なんと、、、

京都校開設!の案内が

京都!通える!

関西からの問合せが多くなったのかもしれない

とにかく

神様がわたしのために

道を拓いてくださったのだと確信した

感謝!

断然

通信より生で学ぶ方が良いに決まっている

そして

受講のための準備をいろいろ進め始めた

ところが

いよいよ

申し込む時となって

途端に

尻込みしだした

受講するためには

費用もかかるし

京都に通うことで家族に負担もかける

とにかく毎日ものすごく忙しいのに

わざわざ自分で追い討ちかけなくても、、

という思いがよぎり始めたのだ

これは神様が示してくれた道だと思ってきたけど、、

本当にそうなのかな

わたしが自分で突き進んでるだけじゃないのかな

って

思い始めてしまったのだ

そしたら

不安で

わからなくなった

そんな時に

毎月受けているゴスペルの個人レッスンがあった

シカゴ出身のゴスペルシンガーに指導を受けている

その日レッスンを受けていた曲

「Way maker」

歌詞の一部ですが、、

Way maker

Miracle worker

Promise keeper

Light of darkness

My God

That is who You are

You wipe away all tears,

You mend the broken hearts,

You are the answer to it all

Jesus

このフレーズを賛美していて

涙がとまらなくなった

そうだ

主ご自身が答えなんだと

道をつくられるのは主なんだと

何も恐れなくていい

主は涙をぬぐわれ

癒やされるのだと

そのみわざをおこなわれるのは

人ではなくて主

主が不安でとまっていたこころに

触れてくださったように感じた

主の追い風を感じた

恐れずいこう

色々とハードルがあると

感じたとしても

必ず主が乗り越えさせてくださる

そう期待して

とにもかくにも

まだ何もはじまっていない

何が待っているのかわからない

これを学んだからって

いきなり何かをつかめるものでもなく

誰の助けになれるわけでもない

でも

踏み出さなければ

何もはじまらない

まっさらなわたしで

臨もう

いってきます(^^)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

Vision  -Way maker-  1

去年のはじめだったと思う

ふいに

心の奥に湧き上がった想い

「アートセラピーだ」って

わたしの中で

様々なことで苦しむ人のため

少しでも力になれること

ないのだろうか、、

って

祈り

探ってきてた

その答えが与えられた、、

と思った

話はさかのぼる

その前の年の2月1日

日本中が震撼した

一人のジャーナリストが

テロリスト達によって命を奪われたのだ

なんとしても彼を救いたいと

彼のまわりの人も

彼と出会ったことのない人も

願い

祈った

わたしもその一人だった

ある日知人がfacebookに

一人のクリスチャンジャーナリストが紹介されている新聞記事を投稿していた

そのジャーナリストが

後藤健二さんだった

わたしはその記事を読んで

こころから感動した

「こんな活動されてる方がおられるんだ!」と

ただ現地のニュースを届けるだけではない

苦しい立場にある人々に寄り添い、活動された方

そして

その直後に

彼がテロリストの人質となっていることを知った

知人はそれだからその記事を投稿していたのだが

彼の活動に心底感動した後だったから

ものすごいショックだった

もし

「人質になってる人」の記事として読んだなら

もっと違ったかもしれない

とにかく祈った

朝起きたときから

夜眠りに落ちるときまで

祈りに祈った

出会ったことのない人のために

これほど祈ったのは初めてだった

だけど

その祈りはきかれなかった

彼は

一粒の麦となられた

彼の想いを受け継ぎたいと

彼を知る人たちは立ち上がっている

わたしは

この方にお会いしたことはない

でも

彼の大切にしてきたこと

それをわたしも

受け継いでいきたいと思わされた

さらに時はさかのぼって

2000年の9月11日に起きた

同時多発テロ

その後からおこったアフガン戦争

復讐の連鎖はとまらなかった

連日

新聞には傷つき涙を流す

アフガニスタンの子どもたちの写真が載っていた

わたしはその子達の写真を見ながら

泣きながら祈った

この子達が笑顔になれる日がやってきますようにと、、

そして

それから何年もたって

そう後藤さんの事件の時に知ったこと

後藤健二さんは

アフガン戦争の後、現地の子どもたちへ

色鉛筆やクレヨンを届ける活動をされていた

わたしが祈っていたあの子達のために

夢につながる道を届けていてくれたーー

食料

もちろん必要です

住まい

ないと困ります

でも

それだけではないのです

人が生きていくのに

必要なのもの

決して子どもに見せるべきでない場面を

たくさん見て、味わった子どもたちの

心の傷はいかばかりか

その子どもたちが

前にすすめるように

夢を

希望を描けるようにと届けられた

色鉛筆とクレヨン

わたしの中にある

いろいろな想い

そのピースがあわさった

それがアートセラピーへの

道だった

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

焦り

今日

ある女の子から声をかけられた

自分の作品を一度見てほしいって

ゆくゆくはこれを仕事にしたいからって

わたしがマンガを連載してることを聞いて

声をかけてくれたらしい

わたしは

人様の絵をどうこう言えるような人物ではないけど

わたしが今してるお仕事のメインは

マンガです

でも

デザインもするし

イラストも描く

というか、

自分はイラストレーターでやっていきたいと思ってはいるのだけど…

でも、マンガも大事なお仕事で

マンガはストレートにメッセージを伝えられる

素晴らしいツールです

でも「漫画家ですか?」と聞かれて

「はい」とは言えるほどのものはわたしにはない

わたしごときが漫画家といっては

マンガをこよなく愛して

その道をゆく方に申し訳ない

でも

確かにこれでお給料をもらっているなら

やっぱ漫画家なのか…

それで一時期迷って

わたしの名刺の肩書きを

あえて書くのをやめた

「デザイン イラスト マンガ」とだけ描いた

それしかいいようがないから

今日

その女の子に声をかけられて

わたし、

仕事以外の創作ぜんぜんできてないなぁ…って

あらためて思った

こんなんでアーティストといえるのか

ずっと思ってて

でも時間もなくて

責任あるお仕事を果たすのに精一杯で

でも

今日思った

わたしより10は若いその子の

作品を見てください、という情熱を感じて

わたしもやらなきゃ…って

忙しい とか

疲れてる とか

子育てがあるから とか…

言い訳は山ほどある

そうだ

それは言い訳なんだ

それで…

久しぶりに

仕事以外の絵を描いてみた

でも

スケッチブックを前に

はたと

わたし、

今何が描きたいんだろう

って手がとまった

わたしの夢は

絵本を描くこと

それで

心の中に寝かせてるストーリーの筋はある

でも

なにも考えずに

無心に

描ける

それを探した

10代までは

そんな風に

何も考えずに描いたものだったな

今は

下手にデザインの世界に入ってしまったものだから

人の目を意識してしまう

デザインはもちろんクライアントがいてこそのもの

人々のニーズに応えるもの

でも

創作は

何も意識しない

ただ自分の世界

わたしは

マンガとイラストとデザインと

3つのスイッチ…というか

どういったらいいだろう

3つの部屋がある

それぞれ重なってる部分もあり

でも独立してる部分もあり

自分でもその辺はよくわからない

で、今夜意識したのは

何も考えない

人がどう思うか考えない

それで思いのまま描くということ

それでそんなたくさん描いたわけでないけど

でもいくつか描いた

今日声をかけてくれたあなた

(読んでくれてるかな?笑)

ありがとう

なんだかね

いい意味での焦りをもらったの

Mini


いくつか描いたイラストのうちのひとつ

なんとなく不安そうな心もとないお顔の女の子

きっとこれはわたし自身なんだ

わたしは

こんな子どもの

言葉にはできない思い

言葉にはできないけど

胸の中でうずまいてうずまいて

苦しくて苦しくて

でも一筋の光が照らす虹色の世界

そんなものが垣間見えるような

それが子ども時代ではないだろうか

暗闇への恐れ

虹色のきらめき

そんなものが混沌としている

それがわたしの子ども時代だった

だからきっと

わたしはそんなものを描きたいんだと思う

よーし、

ひとまずは今夜描けた

どんないいストーリーが胸に眠ってても

それをあらわせなければ意味がない

だから

とにもかくにも描いてこう

 

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

信夫がお年頃になりました


マンガ「塩狩峠」の連載が13回を迎えました。


はじめ10歳だった
主人公 永野信夫は今14歳。

お年頃になりました

14


連載当初は
「原作に忠実に」と
極力つとめていました。

少々肩に力が入りながら…


全ての行間にこめられた三浦綾子さんの思いをあらわしたい…!!と。。

しかし、、忠実にしてたら
こりゃページがいくらあっても足らないぞ、
ということになり(何せ月に8ページのマンガです)
適度に割愛して今にいたります。


当初は
それまで連載してた雑誌と
紙や印刷の具合が違うことでヤキモキしたり、
その他いろいろ悪戦苦闘しながらも
皆様のお祈りに支えられて
一年、進めてこられました。
感謝

わたしのような者が
この名作をマンガにしてよいものか…と未だに思う。
恐れ多いです…ほんと。
描けば描くほど、、自分の力のなさを痛感してます。


なぜわたしなのだろう…と思うことがある。
わたしはそんなにマンガを描くのがうまくない。
わたしよりもっと画力があって構成力のある漫画家さんはたくさんいる…。

でも、
わたしの持ち味というものがある、と思う。
きっとそれを用いて描きなさい、と言われているんだと思ってる。


そして、信夫の生い立ち…
わたしははじめて塩狩峠を読んだ時
とてもとても共感した。

塩狩峠、というと
大人になってからのクライマックスのシーンがすごく衝撃的で
そこが心に刻まれてる読者が多い。

それは当然だと思うけど、
わたしは信夫の子ども時代が
すごく心に残っていた。

綾子さんご自身も
信夫の幼少時代を
すごく丁寧に描いてると思う。


日本人なら仏教や神棚が当たり前!と
多くの日本人が思っているように、
高校生のわたしも思っていた。

その価値観が揺り動かされたのは
母がクリスチャンになった時。

それからの心の葛藤などなど…
原作を読んでいただけたら(もしくはマンガを読んでいただけたら)
わかると思う。

信夫の気持ちが
そのままわたしの気持ちだったから。

連載をはじめて一年ちょっと
たくさんの読者の方がマンガを楽しみにしてくれてることを
読者の欄などで知りました。


毎回楽しみで、ぬり絵にしてるという女性。

百万人の福音が届いたら、まず一番はじめに目を通してくれる方…。


それはモチロンわたしの力ではなく、
三浦綾子さんが綴られたストーリーの魅力ゆえです。


でも、三浦文学ファンの期待を裏切らなくてよかった…と
胸を撫で下ろしてもいたのです。

もちろん、わざわざ投稿しないだけで、
けしからん!と思ってる方もいらっしゃるのでしょうが、、

時代は明治。
建物から服装から、、
調べなければならないものがたくさんで、
人生の中で一番図書館に通いました。

でも、わたしの認識不足で、
ご指摘を受けたこともあった。


ガーーーーンと落ち込んで、、
もう立ち直ったけど

そういうご意見は本当にありがたいです。

気を引き締めて、心新たにさせられます。


マンガをはじめる前
原作に忠実に、は当然で
なおかつ
『この「塩狩峠」を「自分のもの」にしていけるように』
と考えてた。


「自分のもの」だなんてけしからん!って思うかもしれないけど、

自分のものにしなければ、
人物たちを魅力的に動かしていけないから。

原作にプラスされた、
わたしならではの味わいというか、かたちというか

それを動かしていきたいと思ってる。

信夫、14歳。

クライマックスまで
この子の成長を見届けたい。

つたない者が描くけど
神さまがなされた奇跡を
知ってほしい。

マンガがきっかけで原作に触れてほしい。

そして、原作の裏側にある
モデルとなった長野政雄さんのことを知ってほしい。


新潮文庫の100冊に今年も入ってますよ。
塩狩峠。


そうそう、百万人の福音が7月号から
リニューアル新創刊で
すごくよくなった

興味のある方は
ぜひぜひ読んでみてください

http://jpnews.org/hyaku/index.html


その中で、
繊細できかん気な
お年頃の信夫に会えますよ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

インスピレーション

を もらいました

さっき息子に
絵本を読んであげてるときに

息子がいったことばから


「かみさまからの おくりもの」(ひぐち みちこ著 こぐま社)を
読んでいました


生まれてくるすべての赤ちゃんに
神さまは贈り物をくださってるんだよ とこの絵本は伝えています


それは

「よく笑う」ことだったり
「よく食べる」ことだったり
「うたがすき」だったり
「やさしい」だったり します

それで
げん君も神さまからたくさん贈り物もらってるね〜と
話していたら


うん
でんしゃがすき
うたがすき
くるまがすき
どうぶつがすき
えきがすき
てっきょうがすき
レールがすき
ふみきりがすき…
(この辺りまでくると
かなりマニアックになってきましたが


そして
「まどがすき」と一言

そしてそのワケを話してくれたのですが…


そこからモクモクと
わたしの想像の世界が広がりました


絵本を描くのがわたしの夢


今は目の前の仕事を全力で取り組むのみで
自分の作品作りはできていない


うつくしい自然を目の当たりにしたとき
すばらしい音楽がこころの琴線に触れるとき
これしかない、という言葉に触れるとき

インスピレーションが天から降ってきます

そう、まぎれもなく降ってくるのです

これこそが、
わたしへの神様からの贈り物


でも今は
それを形にするだけの
時間もエネルギーももっていないから


じっと
時が満ちるのを待っている感じ


いつか
描く時がくる

それまでに
必要なものが
少しずつ整えられていくような感じ…


こころの中に描いてみたい絵本の
いくつかのおはなしの種は育てています


その中に今夜
ひとつ追加されました

え?げん君が「まどがすき」について
どんなワケを話してくれたのかって?

それは
遠い未来になるかもしれないけれど…

わたしの絵本の中で知ることができますよ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月31日 (水)

12年目に完成した絵

…っていうと大げさですけど〜


最近のわたしの中に浮かぶイメージを
描いてみた


Photo

ジップとわたし…

描いてみてハタと気づいた

あれ、こんな絵を前に描いたような…


12年前、大学で日本画を専攻していた時

モンゴルに行って、その絵を描きたいと思って

で、モンゴルの女性が草原の光の中にいるような絵…


でも、結局完成しないままになってしまった


大学時代
そんなことがしょっちゅうだった


課題が出されて

せっせと描き始めるが

描きたいものにピントがあってなくて…


あの頃
絵を描きたいという
情熱がないことが苦しかった

せっかく絵を描く時間がたくさんあったのに
もったいないことをした


今は、描きたい思いが湧いてきてるのに
時間がない!

困ったもんです


まあ、そんな言い訳をせず
描き上げる人が本物なんでしょうけども


あのころ制作していた絵は50号の大きな日本画
(日本画の中では決して大きくないけど)

このイラストはA5におさまるような小さな色鉛筆画
しかも1時間足らずで描いた簡単なもの


でも
描きたいものを描いたという満足感


わたしの大切な思いを描いたから

さっき何も描いていないキャンバスを見つけた


何か描いてみようかなあ


| | | コメント (5) | トラックバック (0)