« 卒業おめでとう 入学おめでとう | トップページ | 小さな不思議な光 »

2023年4月27日 (木)

絵本「パパとママはね…」完成しました

昨年、

関西学院大学でグリーフケア(悲嘆学)を学ぶ学生さん達と

動画を制作しました。

 

その動画はシンガーソングライターの木下 徹さんという方が作られた歌に

イラストレーションをつける、といったものでした。

 

徹さんのギターと歌声は

突然愛する子を失ってしまったパパとママの想いを細やかに優しく歌い上げています。

歌を聴いているだけで涙がとめどなく溢れてくる、、

パパとママの思いが切々と心に迫ってきました。

 

 

その歌のフレーズひとつひとつに

学生さんたちが考えてくれたイメージをわたしが描いていきました。

 

こちらがその動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=lltMpttZqpQ&list=RDlltMpttZqpQ&start_radio=1

 

そしてこの動画を、今度は絵本にしよう!と

制作費用を集めるためにクラウドファンディングのプロジェクトがスタートしました。

多くの方がご支援くださり無事にプロジェクトを達成することができました。

 

そして絵本作りがスタートしました。

 

絵本

ですから、もちろん歌はありません。

絵本独自の言葉を綴る必要がありました。

 

学生さんたちも、

パパとママの悲しみに思いを寄せ、

精一杯のことばを綴られました。

 

そしてついに絵本が完成しました。

 

 

 

 

338692229_769081601128802_52566366393324

 

338166304_3650576825175000_8451299680421

 

 

 

 

パパとママの大切な子は

徹さんの歌の中では「きみ」と呼ばれ名前はわかりませんでした。

 

でも絵本の中では

「ゆうちゃん」という子になりました。

 

男の子とも女の子とも思える名前、姿をしています。

 

絵本を読まれる方が

ご自分の歩みに重ねられるようにと、、。

 

表紙は

中のストーリーでは出てこなかったような

パパとママとゆうちゃん、弟と妹の

楽しい思い出いっぱいあふれるイラストレーションにしました。

 

 

この絵本は

大切な人を失って大きな悲しみを負っておられる方のために

用いられます。

 

その悲しみは決して消えるものではないと思います。

でも

少しでも

その心に光が差しますうようにと、、

祈り込めて描きました。

 

 

このような絵本作りに携わらせていただけて

本当に感謝です。

 

 

 

#パパとママはね… #グリーフケア #関西学院大学 #のだますみ #悲嘆と死別 

 

 

| |

« 卒業おめでとう 入学おめでとう | トップページ | 小さな不思議な光 »

のだますみの作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卒業おめでとう 入学おめでとう | トップページ | 小さな不思議な光 »