« 風吹く夜に | トップページ | ボタン »

2009年6月 3日 (水)

月の光 空の中 風の道

故郷に帰ってきて半年。
やっとこ心も体も根っこをはりはじめた感じ。


わたしの住む実家は30年ほど前につくられたニュータウンの中の頂上付近にあって、
家の裏手へはハイキングコースへとつながる道。
実家の近くからは大阪湾が見渡せる絶好の夜景スポットがあったり。

緑はあふれんばかりにあります。
いつでもマイナスイオンたっぷりの生活。


実家に帰ってきて改めて思ったのは、
月の光ってこんなに明るいんだ ということ。


標高300mを越える位置なので、
空が近い、
というよりも空の中にいるような気持ちになることがあります。


そんなわけでわたしのイラスト事務所(兼自宅)は アトリエ GEKKO と名付けました。
このブログの名前もそこからつけました。


うちにはじめて来た人たちは夜景の美しさに驚きの声をあげます。

でも、
夜景はいずれ飽きます。

木の葉が風に揺れる動き
野鳥のさえずり
風の通った道
夕空に浮かび上がる木々の影
甘い森林の香り
流れ落ちる星

自然は決して飽きることがない

いつも目をみはるような美しさをみせてくれる

神さまが創ったものは飽きることがない


でも 自然を味わえる=便利 とはいかないのが常です

ちょっとしたお買い物に行くにもバス停まで急な下り坂(子連れで)徒歩13分+バスで10分

すごい坂道なのでお店まで歩くわけにもいきません。
(バス停からベビーカーを押しての帰り道は気が遠くなるほど)

前に住んでたとこではベビーカーでかなりの距離を歩き回ったものですが。

マイカーがないけれどもひとまず免許を、と今教習所に通っているわけです はい。


でもその苦労をもってしても、
この芳しい森林の香りとはかえられないんだなぁ

| |

« 風吹く夜に | トップページ | ボタン »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

まつちゃんらしいブログだね
これから更新楽しみにしてます

自然がいっぱいだと不便なのはどーしようもないよねぇ

実は私もお引っ越し予定です。
まつちゃんのように心も体も根をはれるかしら…。
あ、ちなみにちっちゃく市内移動だけどね。
ちょっと田舎の、ド中古物件を買うことにしました

投稿: ちか | 2009年6月 3日 (水) 20時11分

私もここ最近、自然に目がいくようになりました
そしたらある友達がね、それは心に余裕ができた証拠って教えてくれた
心に余裕がある人は、いい仕事ができるんだって~

投稿: centimeter | 2009年6月 3日 (水) 22時24分

>ちかちゃん
わぉ
お引っ越しするのねん。
家族も増えたしね

わたしは新築より中古の味わい深いおうちの方が好きです。
ちかちゃんのことやからおうちの中ピカピカに整えるんやろなあ
また住所教えてねん


>centimeterさん
自然はたくさんインスピレーションをくれるし、
緑みてたら目はよくなるし、いいことづくめ

centimeterさんに訪れた心の余裕
わたしもうれしい

投稿: ますみ | 2009年6月 5日 (金) 18時36分

まつさんの素敵なブログ今読みました
いいねえ。流石、イラストレイターさんです
どなたかのコメントにありましたが、心に余裕をもつってほんとに大切やと最近思います。
 毎日、新幹線のように、馬のように走るばかりでなく、しゃくとり虫のようにゆっくり進む時間も必要ですね
 また、気づかされたことを感謝しつつ
 大切な時を大事にできますように

投稿: maringo | 2009年6月 5日 (金) 19時34分

>maringoさん
ほんま、
本当に大切なことの優先順位を間違うと
心に余裕がなくなったりする。

優先順位を間違ってなかったら
忙しくても心に余裕あったりするんよねえ

ほんまやね
大切な時間、大切な人、大事にできますように

投稿: ますみ | 2009年6月 6日 (土) 22時13分

だいぶ前に、まつさんと、妹さんと、犬たちと散歩したのを思い出しました。

自然があるって、いいなぁ。

また行きたくなりました。

投稿: ナオミ | 2009年6月15日 (月) 11時43分

>ナオミさん

ぜひぜひまたお越しやす〜
しかし、遠路はるばるで気合いがいりますが…

投稿: ますみ | 2009年6月15日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月の光 空の中 風の道:

« 風吹く夜に | トップページ | ボタン »